本文へジャンプ

シンボルマークについて


 日本安全性薬理研究会のシンボルマーク(ホームページタイトル)を作成しました。

 このシンボルマークは、医薬品開発をイメージした小さな水滴から遠くまで延びてゆく2つの架け橋を表しています。一つは安全性薬理試験を通じて、研究者、医師、患者さんが繋がるイメージを表した「ヒト」の架け橋。もう一つは、安全性薬理試験が薬理学、生理学、毒性学と繋がって医薬品の安全性評価に寄与するイメージを表した「サイエンス」の架け橋を表現しています。
 また、架け橋の上部には、漢字の「人」という文字をモチーフに、3つのヒト(研究者、医師、患者さん)が手を取り合っている姿をイメージし、ヒトへ安全性を届けるという使命感をメッセージとして込めました。
 日本安全性薬理研究会は、安全性薬理試験に関わる技術、評価法、臨床への外挿などに興味をもつ研究者に、安全性薬理試験に関する情報を交換する場を提供して参ります。
 そして、本研究会のビジョンである「医薬品の安全性評価を薬理学から支える」を実現します。

2011年11月吉日
幹事一同