本文へジャンプ

動物福祉

 生命科学の探求、人および動物の健康に寄与する医薬品の開発には実験動物を用いた研究が不可欠の場合があり、実験動物から得られる成果は人および動物の健康維持に大きく貢献しています。一方、動物実験は動物に犠牲を強いることであり、それゆえ動物実験に従事する者は、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」、「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」、「農林水産省の所管する研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」、「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」又は各国の動物福祉に関する規制等を遵守し、3R (Replacement[代替法の利用]、Reduction[使用動物数の削減]、Refinement[動物福祉の向上を目的とした動物実験の洗練]) の原則を尊重しつつ、実験動物を飼養および保管し、実験を行わなければなりません。